こんにちは!ナオディです!

先日友人ファミリーを【アジアティークザリバーフロントというバンコクでも人気スポットへ食事とカリプソキャバレーバンコク(おかまショー)に案内で行きました。

 

 

ハワイから来てるファミリーでしたのでいろいろな楽しいお話も聞けて最高に楽しい夜を過ごせました・・・・・

楽しい夜は数時間の観光も過ぎるのも早くあっという間にお別れの時間・・・

楽しい気分のまま、集合場所のホテルでお別れ・・・・

そして駐車場に戻りバイクのカギを探すと・・・・・

「鍵がない!!」

駐車場の警備員さんの居る明るい机の上で鞄の中身を全部出して確認しましたが・・・・

「やはり無い・・・」

またやっちゃったね

よく無くすから失くさないようにいろいろ付けて、落とさないよう目立つように大きくしたんだよ!

鞄にもちゃんと入れたのに・・・

このままじゃバイクは動かせないし、家にも入れない・・・・

次の待ち合わせ場所にも行けない・・・

 

付いてたもの
  • ネックストラップ
  • 家の鍵
  • バイクの鍵
  • ポストの鍵
  • エレベーターのカードキー
  • 入り口入るカードキー
  • ネックストラップ

 

これだけを落とすって・・・・

そしてその瞬間に、「様々な想定のパターン」が頭に浮かぶ・・・・

しょっちゅう失くすから案外冷静である・・・

可能性としては・・・・

  • カメラ撮影したときに最初に鞄を開けた船の中
  • 食事をした「秋吉」
  • おかまショー
  • 万が一のバイクのメットインの中

 

まずはメットインのシートを無理やり5㎝程こじ開けて覗いてみる・・

「なさそうだ・・・」

自分の中では最初の船で落としたと判断・・・・

そして警備員さんに今日は取りに来れないと!

伝えて再度船でアジアティークザリバーフロントに戻る・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはインフォメーションを探す・・・

インフォメーションが見つからなくスタッフに尋ねると・・・

「あっちだよ!」

あっちに行くもそれらしきものは見つからない・・・

また他のスタッフへ・・・・

「知らない‼」

基本知らないか、あっちだよと、

適当なことを教えられる。

(閉店時間間際で相手したくないんだろうね)

数人に聞いたが話にならない・・・

これだけの観光地でこのレベル・・・(ちょっとイラっとしてきた)

結局裏の入り口まで来てしまい、入り口駐車場スタッフに聞くと・・・

 

むこうだよおじさん!

 

 

 

 

 

「向こうだよ!」(超適当モード)

裏まで来ちゃってもう先がない焦ってるナオディ・・・

 

向こうに何mですか?
何m?ですか?  向こうだよ!・・・・・
のくだりを5回繰り返してイライラしてしまい・・・
完全に冷静さを無くすナオディ。
(タイ語で話してこの対応って・・・悲しすぎる・・・・)
しかし諦めず向こうの警備員に聞いたら・・・
「それは大変だ!一緒に探すよ!ついてきて!」
と頼もしい言葉・・・

神だ・・・・

 

さっきの【向こう】って・・・
向こうの警備員に聞けって意味なのか?笑
そして順番に一緒に行く・・・

食事をした「秋吉」行って・・・(無い)

船着き場の人たちに聞いてくれて・・・・(無い)

「おかまショーはクローズだから明日聞いとくよ」

そして裏の管理棟みたいなところ行って、一応落し物の受付・・・(届いてない)

 

 

 

 

 

 

 

(万が一ここで物を失くしたら赤丸の場所が管理棟なので載せておきます)

見つかったら電話するということで電話番号を記入する。

そんなこんなでちょうど閉店時間になって・・・・・

傷心でタクシーに乗る・・・・

 

とりあえず知り合いのお店に向かう・・・

タクシー内で冷静に考える

 

鍵の再発行方法なども冷静に考える・・・・

ここ1年失くしたものを考える
  • バイクの鍵(日本)紛失
  • 財布一式(タイ)完全紛失
  • キャッシュカード(3回再発行)
  • 財布(タイ)2回生還
  • 免許証(日本)
  • 記憶(たくさん)

おそらくこれ以上いろいろ失くしてる。

冷静に判断して物を失くすのはお酒のせいだと思い昨年末に断酒したがどうやらそうではないということがわかった・・・・

 

「自分の意識」の問題でこれって普段の行動から変えてけば、未然に防ぐことができるのではないか?と考えてみた!

47歳になって今更ですか?笑

はい! 意識改革に年齢は関係ないよ!

「物をなくす病」というのは「マインドの使い方」の問題なのかと思ってきた。

すぐに物をなくしてしまうのは、

物の置き場所を、明確に普段から決めてないせいだと思う。

適当に行動し、無意識に物を置いている。

いつもなんとなく、感覚的に行動しているせいだと思われる。

自分の行動パターンのほとんどは無意識が習慣化されてしまっている。

例えば、仕事や生活で経験を積んで慣れている作業は、

体が自然と動いて、感覚的に出来たりする(ルーティンワーク)

日々行っている行動ほど、注意深く考えず、感覚で動いてしまう。

そのせいで後から物をなくしたことに気付いても、

どこで失くしたかも見当もつかないのである。

そもそも無意識な行動なのだから、思い出せるはずがない。

  • 慌ててる
  • 急いでる
  • 焦ってる
  • 他のこと考えてる

こんな時に失くしてることが多い(お酒飲んで失くすのは問題外)

今回も渋滞がすごくて集合時間間に合わなそうで焦ってたり、カード失くしたときは買い物して両手ふさがってそのまま終わず無くしたりとか・・

結局自分の意識が「冷静ではない状態」だと、

注意力が散漫になり、物をなくす原因ことが多い。

では、どうすれば良いのか?

・いつでも冷静で落ち着いた意識の状態をこころがける

上記のように心に余裕がないと物を無くすだけではなくいろいろなミスを

引き起こしやすいので、冷静な心を保っていきたいと思います。

・思い込みという概念を消し去る

最初に【鞄にもちゃんと入れたのに・・・】と勝手に思い込んでしまっている

そのせいでその後の選択肢が狭くなってしまっている。

【まずはメットインのシートを無理やり5㎝程こじ開けて覗いてみる・・】

とさらに中途半端な行動による思い込みで選択肢を狭くしている・

年齢を重ねるごとに頭固くなって思い込みが強くなっているのを

感じてるし、認めたくないが、ここはきっちりと真正面から向き合って

いかなければいけない。

柔軟に様々な可能性を考えていきたい。

・置き場所を決める

いままでパソコンまわり部屋の中鞄の中などの置き場所を明確にしておらず、

探すだけで無駄な時間と労力を使ってしまう。

パソコンのデスクトップもデータも同じである

最近はリモコン1つも置き場所を決めていただけに

今回の紛失は更なる管理能力向上のための良い薬となった。

とにかく置き場所を決めておくだけで、紛失率は大幅に低下する。(はずである)

とにかく!!

物をなくして、結局後悔するのは自分自身である。

今後は「無意識の行動」をとらないように気をつけたいです。

失敗をたくさんしてきたから言えることが一つ!

物をなくしても、落ち込む必要はない

財布、カード、などいろいろ落としましたが、それら全ては

また取り戻せるものばかりです!!(経験上)

失敗を悔やみ続け、自分を責めて苦しんだり、

そのメンタル過ごしていると2次的災害が起こったりと

良いことはありません!

落ち込んでも、見つからないのです!

その落ち込んでる間は「大切な時間まで失くしてるのです。

人生において、時間が一番大切というのは間違いないのですから!

考えすぎても仕方ないので出来ることはやったら(探す、届を出す、あど)

後は前を向くだけです!

今回の結末はと言うと・・・・

 

 

帰れないでホテル泊まるなら、朝まで遊んじゃえー
ってことで友人とディスコで合流して3時まで遊んで、ホテルに泊まって朝帰りしました!
(AM9時に家の管理室が開くので鍵を開けてもらえる・・・)
朝に家に戻ってやれることはやりましたが、見つからず・・・・・・・
最後の砦となったバイクのメットイン・・・・・・・・

昨日無さそうだったけど、中にあってください!!
バイクの合鍵をもってバイクを引き取りに・・・・・・
そして・・・・・・・
奇跡は起きました・・・・・
バイクのメットインに・・・・・・
ありました・・・・・
嬉しくて涙出そうになりました・・・・
ネガティブにならずに前向きだったから見つかったと勝手に思ってます
(ちゃんと管理すればもともと無くさないという声が聞こえてきそうですが)
とにかく今回の一件で【物を失くす病】を克服するべく・・・・
普段の1つ1つの行動から意識を変えていきたいと思います。

     

     

     

     

     

     

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事