バンコク在住のナオディです
先日コロナショックで閉鎖中のタイはバンコクの精神科医に行き30分ほど先生の問診があり(全部タイ語)
結果・・・・・・
ADHDと診断されてコンサータを処方されました
まあざっくり書くとこうなるのですが、ナオディもつい最近までADHDと言う病気など知りもしませんでした

大人のADHDといっても、大人になってから初めて出現するものではありません。不注意、多動性、衝動性という3つの症状に、子どもの頃からずっと悩まされており、多くの人は自分なりの工夫や対策を考えて努力していますが、それにもかかわらず、状況が改善せず大人になり、うまく生活することができず困っているのです。

ナオディはADHDだよと友人に言われてから診察するまでの事はおいおい書いていきますのでよろしくお願いします
とりあえず今回はバンコクの精神科情報を含め書いて行こうと思います
バンコクの精神科医を調べると
・バンコク病院
・サミティベート病院
・マナロム病院
今回はその中で一番安いであろうマナロム病院へ行きました
何故その病院かと言うと単純に一番安いからです
理由は日本語が通じないから!
・バンコク病院
・サミティベート病院
という日本語完璧の超高級病院は初診で先生に診てもらうだけで2万くらいかな
バンコク在住の人間はそんなお金持ち病院になんか行ってられない・・・・
(保険がきいてタダとか以外はそうそういけないのである)
それとタイと言う国は薬局で相談して薬を処方してもらうというのがほとんどであまりタイ人が病院に行くとかは聞かないのである。
なぜそうなるかと言えばタイの一般の方からするとクリニックあたりでも高いので薬飲めば治っちゃうから病院なんか行かなくていいよ!とのこと
それとタイの薬局では日本では処方箋がないと買えないようなお薬が普通に買えるのである!(しかも安価で)
あ~
ちょっと脱線しましたが、今回行ったマナロム病院は完全予約制で、前日の日中に電話したら翌日の18時が最短で予約できるとの事でしたので、18時に予約しました。
あ~
またまたタイの病院事情になってしまうのですが、日本みたいに午前数時間、休憩一杯ののち午後数時間と言うそんな殿様商売ではありません(働かなすぎだよ!ジャパンの医者!)
夜はだいたい20時くらいまでそして土日はない!
というとても患者思いの素晴らしい制度です
ていうか困ってるから病院行くんだからそれが当たり前だと思うんだけどな 笑
あ~
またまた脱線・・・
翌日18時にマナロム病院行くと外は厳重な警備!
「お前何しに来た!」と言われるも
「予約してある日本人でございます」と伝えると笑顔で通してくれました
そして病院内に入るとここは?どこ?
予約制なので人は全然いないしとっても綺麗・・・・
病院=コロナ感染場所
という噂でしたが全然違いました!
だって人が全然いないんですもの!
そしてまずはタイの病院お約束の
・血圧チェック
・体重チェック
・身長チェック
ありました 笑
そして待つこと15分・・・・
先生の部屋に呼ばれます!
20代後半のイケメン先生にいろいろ質問されます。
まあネットに出てるADHDチェックリストみたいなの全部に当てはまるナオディですからイケメン先生が言う質問に全てADHD診断される内容なはずです
いろいろ話す事30分・・・・
やはりADHDという診断でコンサータと言うお薬が処方されることになりました。

脳内の神経細胞の間で情報を伝える神経伝達物質(ドパミン、ノルアドレナリン)を増加させ、神経機能を活性化し、注意力を高めたり、衝動的で落ち着きがないなどの症状を改善します。
通常、注意欠陥/多動性障害(AD/HD)の治療に用いられます。

あとからADHDの友人に聞いた話ですが日本の病院ではなかなかコンサータと言う薬は処方されないそうです
理由は成分が麻薬に近いものだからという事です
その薬の驚くべき効果も後日書いて行こうと思います
そしてお会計・・・・
2万円超え?
安いって思ったのに先生代4500バーツかよ!
って思ったら4500バーツはお薬代でした・・・・
このコンサータと言う薬の金額を日本の薬剤師の友人に聞いたら普通?
いやむしろ安いんじゃないとの事でした・・・・
そっか!
じゃあいいや 笑
って事で早速昨日からこのコンサータと言う薬を飲んで過ごしてます!
先に言います!
悪いところから!
寝れません!
朝までと言うか無理にでも寝ないと何時までも起きてられそうです!
そして良いところ!
今まで判断できなかった物事の優先順位が付けられるようになったんです!
やっと人間に慣れた感じです!
そしてやはりおなじADHA の友人にそのことを話したら言われました!
その状態が普通の人が見た普段の視野だよ!それだけナオディは見えてなかったんだよ!との事でした。
まじか!これが普通なのか?
みんなどれだけ天才なんだ 笑
今のナオディから考えたら今の状態はマリオで★食っちゃってるような状態(いわば無敵状態)なのです
そして思いました・・・
今までよくあんなボッコな状態で47年も生活できてたなと・・・・・
大失敗もたくさんありましたし、なくしもの、忘れ物、約束忘れなど当たり前でしたのでどれだけいい仲間に恵まれていたんだという事が改めてわかりました
ナオディともめた人、文句言っちゃった人、ケンカしちゃった人
今だから言います・・・
「ごめんなさい!僕病気でまともな判断が下せなかったみたいです」
いまさら言っても許してもらえるとは思ってないのでこれからを見て生きていこうと思います
まだ自分を上手にコントロールできない状態ですが、確実にこれは人生の大きな分岐点になると確信出来ました!
これからの新生ナオディもよろしくです!
このADHDを気づかせてくれた友人とのきっかけの話が長すぎて文字にしたら5万文字くらいになりそうなので、それはまた後日・・・・
でも気づいたら今回のブログも2000文字オーバー・・・・
文章読む能力は無いけど書くことはまあまあできるかな
ちなみに漢字はほとんど忘れてます
それではまた不定期ですが今後ともよろしくお願いします!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事