今日は長年いつかは治ると思い何もせずにしてた自分のアトピー性皮膚炎に
ついて書こうと思います

結構周りの人におかしいほど黒い、病的だ、ゾンビみたい
とか言われて傷つきもしましたがこれだけ言われ続けると
慣れちゃいますね(実際は人種差別と同じ発言だと思うけど)

日本からタイに移住を考えたのも乾燥がないからで
日本の冬の感想はとてもじゃないけど生きた心地がしなかったです
タイに来て気候が合うのでそこまで気にしてませんでしたが
最近は顔が乾燥してかゆくて仕方なかったので薬局に行きました

まず勧められたのは美容目的使用が日本で問題視されてる
ヒルドイドです
タイでは普通に薬局で買える薬です

ヒルドイド/Hirudoid(強力型)

タイのヒルドイドはヘパリン類似物質の量によって入れ物の色が違います
写真は強力型の青タイプです

日本で手に入るのはヘパリン類似物質の含有量が300mg/100g
タイで売ってる赤のタイプが日本のと同じ成分量です
青のヒルドイドフォルテは445mg/100gとより多く含まれてます

塗った後、翌日の朝のもちもち感が通常タイプの比ではないことは
一目瞭然でした

気になるお値段は!

ヒルドイド(赤)
10g 280円
20g 420円
40g 680円
ヒルドイド フォルテ(青)強力型
10g 370円
20g 660円
40g 1000円
この価格ならばら撒きお土産にもお勧めですね!
(シーロムの薬局市場のが安いそうなので追加は
そちらに買いに行って金額更新します)

ここの薬局は高級住宅街の中なので高いです 他はもっと安いです

そして後日ローションタイプを発見!
これは手軽にたっぱうり使えますね
1400円しましたが300mlの大容量ですので
充分安いです!!
そしてもう1つは
本当はプロトピック軟膏を探してたのですが見つからず
代わりに勧められたのが・・・・

EUCERIN ユーセリンクリーム

ドイツ製なので3000円と高かったのですが
3000円で肌が良くなるならぜんぜんOK
てことでネットで調べてもこの商品の
詳細は出てきませんが使ってみました

ヨーロッパやアメリカの皮膚科医推奨スキンケアブランドで
100年以上歴史のある素晴らしいメーカーです
高品質の成分と臨床的に立証された処方で敏感肌にも安全で効果的であるために
皮膚科医によって信頼されています

 

 

使ってみて・・・・

薬局で言われたのが朝晩2回洗顔後に塗るとのこと・・・

ユーセリンクリームは薬剤師の友人に聞いたところ
ステロイドと同じ成分が微量入ってるというので
夜だけでヒルドイドは朝晩きっちり塗って・・・・

今まで何もしてないせいか2日目なのに肌の
ハリが全然違うのです!

これは久々にからだ革命起きましたわ!!

継続して続けてまた結果報告したいと思います

ヒルドイドローションは髪の毛にもつけてます
またその結果も書きますね!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事